日本刀は女性でも持つことが可能なのか

日本刀は女性でも持つことが可能なのか

ゲームやアニメなどの影響により、昨今では幅広い年代の間で日本刀がブームとなっています。国内では真剣と呼ばれる本物の刀を所有するには、警察に届け出て登録証を手にしないといけません。そのため、基本的には市場で流通をしているのは模造刀のみです。ここでは真剣を例にして、日本刀は女性でも持つことが可能なのかを見ていくことにしましょう。まず日本刀は鋼鉄製の刃を備えているものです。太刀と小刀で構成されており、太刀の刀身は約1メートルです。重量は10キログラム前後となり、女性が片手で振るうのは非常に難しいものでしょう。なおこれは太刀に限ってのことで、小刀であれば刀身は40センチメートル・重量は5キログラムです。この日本刀であれば力が弱い女性でも片手で持つことはできます。また実際に江戸時代までは女性専用の刀も存在しており、小太刀という30センチ程度の短くて軽量化をされているものを帯刀されていた時代もありました。

日本刀の種類はどの程度あるのか、どんな由来があるか

日本刀は時代劇などで必ず出てくるアイテムです。日本固有のものであり、鍛冶製法で作られました。日本刀という刀はなく、鍛冶製法で作られたものを総称して読んでいます。 日本刀にはその長さによって太刀、脇差、短刀があります。古墳時代の頃からある剣も日本刀に分類されています。太刀は戦国時代まで使われた一般的なものであり、刃を下にして吊るして持ち歩きます。刃の長さは60cm以上であり、60cm未満のものは脇差と呼びます。 由来は日本のものかそうでないかを区別するために名付けられています。実際にこの名が広がったのは幕末以降であり、このころは海外の文化が頻繁に入ってきたころです。ですが平安時代から鎌倉時代まではその美しさから海外でも注目されており、輸出品の一つであった経緯があります。 もともとそういった種類のものではなく、日本で作られた刀を総称し、さらに海外からのものとを区別するためにつけられた由来があります。